性感染症の定義

「性病」は、性行為によって感染する病気のことを指します。
性行為とは、一般的に膣性交のみを指すイメージがあるかもしれませんが、オーラルセックス(口を使用した性交)、アナルセックス(肛門性交)なども含めて考えましょう。

性感染症の種類

感染症法に規定された性病には、「梅毒」「淋病」「クラミジア」「エイズ(HIV感染症)」「性器ヘルペス」「尖圭コンジローマ」があります。
ですが、性行為で感染する菌やウイルスは他にもあり、正しい知識と予防策を持つことが求められています。

性感染症の感染方法

性病は、感染者と性行為を持つことで感染します。
精液や膣分泌液と性器(粘膜)が接触することで発症しますが、それだけではなく、血液や唾液から感染することもあります。
また、ただれやブツブツといった症状が出ている性感染症の患部に触れる、もしくは感染者の肛門・直腸・口といった部位の粘膜と皮膚が触れ合うことで感染が起こる可能性もあるのです。

性病の種類によって、その感染経路は異なります。
コンドームを使用することで、防げる性病もあります。自覚症状が出にくい性病も多く存在しますから、必ずコンドームをつけて性行為をもつようにしましょう。
また、特定のパートナーとのみ性行為を持つようにすると、性感染症にかかるリスクは低くなります。反対に、不特定多数の相手と性行為をもつことで、性感染症にかかる可能性は格段に上がります。

男性の症状の特徴

男性が性感染症にかかった場合には、排尿時に性器に鋭い痛みを感じたり、どろりとしたうみが出てきたりします。

それ以外にも、性器の周辺にできものができたり、不快感を伴う痒みを感じたりすることもあります。

女性の症状の特徴

女性は男性より性感染症に気が付きにくいという意見もありますが、男性と同じく、性器の周辺にブツブツやただれが出てきたり、痒くなったりするという症状が出てきたら、性感染症の疑いがあります。

また、女性の場合には性病に感染するとおりものの状態が変わることがあります。

普段は透明でさらっとしているおりものに粘り気が出たり、色に変化が出たり、変な匂いが出てきたりするでしょう。

男性も女性も上記の症状がみられる場合は、性感染症の検査を受けると良いでしょう。

性病の基礎知識

性病の症状

男性器症状 女性器症状 おりもの異常

性病の種類

性病の原因により病気の種類が変わり、ウィルスが原因の病気には、HIV・エイズ、ヘルペス、肝炎ウィルスなどがあり、細菌が原因の病気には、クラミジア、淋病、カンジダ、梅毒、寄生虫が原因となる病気には、トリコモナス、毛しらみなどがあります。

性病は死にいたる危険が無いと考えがちですが、エイズは感染すると完治する治療法が無く梅毒は進行すると治療が難しくなります。

クラミジア2 淋病2 カンジダ2
エイズ2 梅毒2 トリコモナス2

性病(性感染症)の感染経路

恋愛をするなかで性行為の段階で注意したいのが性行為の中で感染する性感染症です。

注意したいのはやまやまですが、中々相手に「性病の検査」受けた?などと聞けるものではありません。

そして、気になるのがどの段階だと感染するリスクが生じるか?であると思います。

キスでうつるのか?性器への愛撫でうつるのか?膣による性交でうつるのか?

これらの謎を解き明かすには、病原体の特性や感染経路を把握すると良いでしょう。

性病の病原体には、細菌、ウィルス、原虫によるものがあり、病原体が細菌のものは、クラミジア、淋病、カンジダなどがあり、病原体がウィルスのものにはHIV、肝炎ウィルス、HPVなどがあり、原虫によるものはトリコモナスなどがあります。

クラミジア、淋病は、性器に感染するだけではなく咽頭にも感染するので、キスやオーラルセックスでも感染する可能性があります。

HIVや肝炎ウィルスは、体液中のウィルスの接触により感染するので、精液や血液に触れることで感染リスクが高まるため、アナルセックスなどの出血をともなうセックスは特に危険が高まります。

このような中で、コンドームの着用はいくつかの感染経路を遮断することが可能なので予防効果は高いとされています。

コンドームの着用は予防効果は高いですが完全ではないため、不特定多数の方との無防備なセックスを避けることが必要です。

また、性病の症状は少ない事が多いので、心当たりのある症状が出た場合は性感染症の検査を受けて、パートナーへの感染を防ぎ拡散させないことが非常に大切な予防効果を生みます。

新着情報
2015年6月28日
薬局の検査キット

参照:性病検査キットの詳細

性病の予防

性病の原因は細菌やウィルス、原虫などの病原体が体液や粘膜への接触などの感染経路で感染するので、それら感染経路を遮断することが性病の予防になります。

そして、性病の感染者との接触を避けることが大切なのです。

具体的には、不特定多数の人との性行為を避けること、性行為をする場合はコンドームを装着することで完全ではありませんが予防することが可能です。

誰が性病に感染しているかは外見からでは判別できないので、特定の方と一緒に検査をして陰性であればその方以外との性行為をする事が大切です。

また、性行為をする時にコンドームを装着することで、感染部位である粘膜や粘液との接触を最大限減らすことが可能です。