ピルというと避妊目的の薬のようですが、それだけではありません。

月経困難症(生理中の諸症状が重い場合)やPMS=月経前症候群などの症状がかなり軽くなります。
 
ピルとは女性ホルモン剤、女性の体から女性ホルモンが出るのを休ませて、肩代わりをしてくれるのです。

これにより、妊娠しない体を作り、必要な女性ホルモンを安定して体に与えることで体調が整うわけですね。

ピルの種類には、低用量、中、高用量、緊急避妊の4つあります。

主に使われるのは低用量ピルと、緊急避妊(アフター)ピルです。

低用量ピルには1相式と、2,3相式があります。

女性ホルモンには排卵のためのエストロゲンと妊娠を維持するプロゲステロンの2種類あり、体内周期でそれぞれの分泌量やバランスが異なります。

そのため、2,3相と呼ばれるピルは黄体ホルモンの量をスライドして増やせるようになっています。

つまり1か月の中で順番を守って服用しなければいけないのです。

実際に売られている低用量ピルには1か月飲み続ける28錠タイプと、生理期間中は服用をやめる21錠タイプがあります。

28錠タイプは飲み忘れを防ぐように作られたもので、7錠分は「偽薬」です。

手軽に服用したい、忘れっぽい人は1相式の28錠が簡単で良いでしょう。

ピルは1日1回飲まなければいけません。基本的に同じ時刻に飲むのが望ましいですが、忘れた場合、24時間以内であれば、早めに飲みましょう。

1相式にはマーベロン、オーソM, 3相式ではトリキュラーなどが有名な薬です。

ピルは副作用はあまりありませんが、血栓が出来やすくなる特徴があり、飲んではいけない人もいす。

病院で処方してもらうのが良いですね。保険外処方で1か月3千円程度です。

月経困難症など、病気治療になる場合は保険適用されることもあります。

緊急避妊ピルは、性交渉後72時間以内に飲むと妊娠を防げるピルです。

3錠を12時間に2回飲むタイプと2錠を1度に飲むタイプの2パターンあります。

1万~1万5千円くらいで処方してもらえます。

ピルはほぼ確実に妊娠を防げる代わりに性感染症防止が手薄になる面もあります。性病対策には全く役に立たないものと覚えておきましょう。