妊娠している女性も妊娠していない女性と同じく性感染症(STD)に感染することがあります。

妊娠中の女性は、性感染症の検査を定期的にする必要があります。

妊娠は女性や赤ちゃんの性感染症に対する防御機能はありません。

多くの性感染症は症状がないため、女性は感染に気づかない場合があります。

妊娠中の女性が妊娠中の医療の一環として、HIVなどの性感染症の検査をする必要があります。

妊娠中の女性が感染した場合、女性と彼女の赤ちゃんに、生命を脅かすより深刻なこ事態となります。

女性がどのように感染から自分自身とその子供を守るか、妊娠にとって性感染症がいかに有害な影響を与えるかを認識することは重要です。

性感染症が妊娠中の女性と赤ちゃんに与える影響

性感染症は、妊娠を難しくし、女性と赤ちゃんの両方に重大な影響を与えることがありますが、これらの問題のいくつかは、出生時に見られるます。

母親が妊娠中に定期的な医療ケアを受けることで、これらの問題のほとんどを防止することができます。

医療ケアには妊娠初期にする感染症のための検査が含まれ、必要に応じて繰り返します。

注意すべき感染症

ヒト免疫不全ウイルス

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、後天性免疫不全症候群またはエイズを引き起こすウイルスで、HIVは免疫を司る血液細胞を破壊する病気です。

HIVが母親から子供に感染するケースでは、妊娠、分娩中、または授乳を通して感染します。

しかしHIVが妊娠前または妊娠中に診断され、適切な措置が取られた場合、母子感染のリスクは2%未満に低下させることができます。

ですので、HIV検査は、すべての妊婦に推奨され、母体と胎児を保護するための効果的な方法を選択することができます。

梅毒

梅毒も妊娠中に感染した母親が赤ちゃんに感染させる場合があります。

赤ちゃんに梅毒が感染すると深刻な健康問題につながります。

梅毒は、早産、死産、出生直後や、場合によっては死ぬことも有り、未治療の乳児は、脳、目、耳、心臓、皮膚、歯、および骨を含む複数の器官における問題が起こる可能性があります。

リスクが高いと考えられる場合は、梅毒の検査を出生前に行われ、妊娠後期も検査することが推奨されています。

B型肝炎

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)によって引き起こされる肝臓感染症です。

母親は妊娠中の彼女の赤ちゃんへの感染させることがあり、赤ちゃんに、HBV感染を渡す母親のリスクは彼女が感染した時期によって異なります。

母親が分娩時に感染している時に最大のリスクが発生します。

感染した新生児には、(生涯)HBVキャリア自身慢性になるという危険性が高く、HBVに生涯感染している乳児はその後の人生で慢性肝疾患や肝癌を発症するリスクが高くなります。

慢性HBV感染した幼児は、最終的に慢性肝疾患で死亡する可能性が高くなります。

HBVの母子感染は、感染妊婦の検査および出生直後に、リスクのある乳児に治療を提供することで防ぐことができます。

C型肝炎

C型肝炎は、 C型肝炎ウイルス(HCV)によって引き起こされる肝臓感染症であり、妊娠中に感染した母親からその子に感染させる危険があります。

感染した母親は赤ちゃんに10%の確率で感染させますが、HIVに感染している女性などの特定のグループで高くなっています。

HCVに感染した女性から生まれた乳児は、早産、未熟児になる可能性があり、HCV感染新生児は通常、症状を持っていなく大多数が医療のを受けない可能性があります。

クラミジア

クラミジアは、最も一般的な性感染菌でクラミジア感染症の大半は症状がありません。

妊娠中の女性は、かゆみ、排尿痛、出血、膣分泌物の異常が症状となる場合があります。

未治療のクラミジア感染症は、早産、早期破水、低出生体重を引き起こし、赤ちゃんが産道を通過する際に、新生児も感染することがあります。

新生児(新生児)感染症は、主に目や肺の感染症を引き起こします。

妊娠中の女性は、クラミジアの検査をする必要があり、妊娠後期での検査は、リスクの高い女性のために行われるべきであるとされます。

淋病

妊娠中の未治療の淋菌感染症は、流産、早産や低出生体重、早期破水、を引き起こし、乳児が産道を通過する際に淋病も乳児に感染する場合があります。

未治療の場合、乳児は眼感染症を引き起こします。

淋病は、母親と赤ちゃんの両方で問題を起こすので感染がわかったら、抗生物質で治療し、治癒したかフォローアップすることが重要です。

細菌性膣炎

細菌性膣炎(BV)は、妊娠可能年齢の女性では膣分泌物の最近バランスが崩れ発症します。

多くの場合、STD(性感染症)とはみなされませんが、性的行為でも感染します。

症状はないかもしれないか、女性は悪臭、生臭い、おりものを訴えることがあります。

妊娠中は重篤な妊娠合併症、早期破水、子宮、切迫早産、早産出産、母親の子宮の感染の可能性があります。

気に場る場合は、性感染症の検査を受けると良いでしょう。

トリコモナス症

寄生虫による膣感染症である膣トリコモナスは、一般的なSTD(性感染症)です。

症状は人により大きく異なり、一部の女性は症状を感じない人もいます。

一般的な症状は、かゆみ、悪臭、性交時の出血で、妊娠中の女性は通常、感染のために検査がなされます。

妊娠中の感染は、早期破水、子宮、早産と未熟児の可能性があり、母子感染は新生児が産道を通過する際に感染するわけではなく出生後膣分泌物による感染が多いとされます。

単純ヘルペスウイルス

単純ヘルペスウイルス(HSV)は、二つの異なる種類の、HSV-1およびHSV-2ウイルスです。

新生児の感染は、いずれかのタイプでも感染しますが、ほとんどは、HSV-2によって引き起こされます。

HSV感染は妊娠中や出産後に発生することがありますが、母親の感染した産道を通過するときに新生児がHSV感染する可能性が90%とされます。

妊娠(妊娠後期)の後期発生した場合は特に、新生児に対する非常に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

妊娠後期に感染している女性は、自分の赤ちゃんに感染するリスクが高いことを覚えておきましょう。

ヒトパピローマウイルス

パピローマウイルス(HPV)は、一般的に子宮頸部(子宮への開口部)、膣および外性器などの下部生殖管に感染するウイルスです。

性器のイボはわかりやすいHPV感染の症状であり、それらは妊娠中に数が増加したり大きくなったりします。

生殖器のイボは、多くの場合、小さなカリフラワー状の形をします。

女性が妊娠中に生殖器にイボを持っている場合、治療は出産後にすることが普通です。

母親の感染は、新生児における喉頭乳頭腫症の発症に関係するとも考えられています。