カンジダは、女性の感染者が多い性病とされています。

性行為でも感染しますが、自己感染する可能性もある病気です。

そのため、性行為をしたことがない女性でも症状が出ることがあるようです。

カンジダの症状が出ている時にセックスをすると、症状が悪化することもあります。

カンジダの症状

カンジダは、女性よりも男性のほうが、症状は出にくいとされています。
男性が発症した場合には、「亀頭のまわりがかゆくなり、赤くただれる」「亀頭から白いカスのようなものが出てくる」「亀頭にプツプツとした小さいサイズの水泡が出てくる」という症状が出ます。

一般的に、包茎の男性は感染すると症状が出やすいそうです。

女性が発症すると、膣と外陰部の両方に症状が現れることがほとんどとされています。

「性器の痒み」「どろりとした、ヨーグルト状のおりものが増える」「性器が腫れあがったような感覚があり、痛みが出る」「性交をすると痛みが走る」「排尿しにくくなる」というのが主な症状です。

ちなみに、このような症状が出た場合に、通気性の悪い洋服や下着を身に着けていると、痒みや炎症が増すこともあります。

カンジダの感染経路

カンジダは、性行為による感染がほとんどです。

ただし、カンジダの原因となるカンジダ菌は人間の体内にいることも珍しくない菌だそうですから、体調不良による免疫力の低下などで自己感染してしまうケースもあります。

カンジダの検査法

男性の場合には、亀頭のまわりの菌を採取して検査することになります。

女性の場合には、性器の症状を調べて、菌を検査することになるでしょう。

病院へ行く時間が無い方は、自宅でカンジダ検査できるキットもございます。

2性病検査ボタン

カンジダの治療法

数週間にわたり、軟膏や膣剤などを使用して治療を行います。
男性は性器に軟膏などを塗って治療しますが、女性はそれに加えて、連日通院して、膣洗浄をする必要もあるとされています。
免疫力が下がらないように健康的な生活を心がけること、そして通気性のよい洋服や下着を身につけるなど、生活を変えることも重要です。

カンジダの予防法

性行為による感染を予防するならば、コンドームを使用しましょう。
また、健康的な生活を送るようにすることも大切です。