10代から20代を中心に、感染者が増加していると言われる「性器クラミジア感染症」。

日本では感染している人がもっとも多いとされている性病です。

自覚症状が出にくく、自分が性病だと気が付かないまま感染者を増やしてしまうこともあります。

特に、女性はクラミジア感染が子宮外妊娠や不妊症の原因になることもありますから、予防策をきちんととることが重要ともされています。

クラミジアの症状

クラミジアに感染した男性は、「排尿時に性器に痛みを感じる」「うみが出てくる」「尿道や性器がに痒みを感じる」という症状が出てきます。
また、睾丸が腫れる、痛みを感じるという症状が出る人もいます。
クラミジアの場合には、尿道から出るうみの形状は個人差があり、べたつきが少ないさらっとした形状のうみもあれば、ネバネバとしているものもあります。

クラミジアに感染した女性は、「おりものが増える」「下腹部に痛みを感じる」という症状が出てきます。また、不正出血をしたり、性交時に膣に痛みを感じたりすることもあるでしょう。

ただし、症状を感じない人は男女共に多いとされています。
特に、女性はその症状に気が付きにくいそうです。
しかしながら放っておくと男性は前立腺炎に、女性は子宮外妊娠や不妊症の原因になりやすいので、感染している場合にはすぐに治療をする必要があるでしょう。

クラミジアの感染経路

クラミジアはセックスだけでなく、オーラルセックスやアナルセックスでも感染します。
また、クラミジアの感染者にオーラルセックスをすることで感染することもありますので、注意が必要でしょう。この場合、「男性の性器から女性ののどに感染する」パターンと「女性ののどから、男性の性器に感染する」パターンがあります。
クラミジアに感染したのどは腫れあがったり、痛みを感じたりする症状が出ます。
ですが、症状が出ない人も多く、別の病気の症状と勘違いしてしまう人も少なくありません。

クラミジアの検査法

男性は尿検査、女性は子宮頸管の分泌物を検査することになります。

2性病検査ボタン

クラミジアの治療法

クラミジアの治療法は病院に行き、抗生剤を処方・服用してもらうというものになります。
数日から1週間程度、薬を服用して治療します。
性病科に通院するか、男性は泌尿器科、女性は産婦人科を受診しましょう。

クラミジアの予防法

確実なのは、コンドームを使用すること。
ただし、オーラルセックスで感染することもあります。オーラルセックスをする・される場合にも、コンドームを使用すると感染率が低下します。