女性器に現れる、性病の症状

性器に痛みが出る、痒みが出るといった症状以外にも、女性の場合には、おりものに変化が出ることが多いとされています。

女性の性器の周りに出る症状は、以下の通りです。

・おりものが増え、下腹部に痛みを感じるようになる

クラミジア、淋菌に感染している可能性があります。

・おりものがあわ状になり、悪臭がする

トリコモナスに感染している可能性があります。

・どろりとした、ヨーグルト状のおりものが出てくる

カンジダに感染している可能性があります。

・外陰部や膣に強い痒みを感じる

トリコモナス、カンジダの可能性があります。

・排尿をする際に尿道が強く痛み、尿がしにくい

トリコモナシ、カンジダ、性器ヘルペスの可能性があります。

性器ヘルペスに感染した場合には、女性は排尿痛が特に強く出るとされています。

排尿ができないくらい、痛みが強くなってしまうこともあるそうです。

・性交をすると、下腹部や膣が痛む

クラミジア、トリコモナス、カンジダに感染している可能性があります。

・陰毛がある部分に激しい痒みを感じる。もしくは、下着に黒いシミが点状にポツポツつく

ケジラミに感染している可能性があります。

何も感じない人もいるのが、ケジラミの特徴です。痒みは強く出ますが、湿疹などは見られません。

黒いシミは、ケジラミの血や糞のあとだとされています。

・太ももの付け根が腫れあがっており、痛みを感じる

梅毒、性器ヘルペスなどの可能性があります。

・性器や肛門の周りに、小豆大、もしくはビラビラとした形状のイボができる

尖圭コンジローマの可能性があります。

コンジローマの症状は男女共通で、性器の周辺に特徴的な形のイボができます。

色はピンクから茶色、形はおわんを伏せたような形のものから、ニワトリのトサカのような形状のものまで個人差があります。

・性器、太もも、肛門の周辺に痛みがある水泡ができている。もしくは、それが潰れてただれた状態になっている

性器ヘルペスの可能性があります。

ただし、女性は男性器をオーラルセックスした際、のどが性病に感染してしまうこともあります。

クラミジアや淋菌などは男性器からのどに感染することもありますから、注意しましょう。

誰にも知られず検査をしたい方は、評判の良い宅配ドクターの性病検査キットがおすすめです。