男性器に現れる、性病の症状

性器の周りに出る症状は、以下の通りです。

・排尿時に痛みを感じる

クラミジア、トリコモナスに感染している可能性があります。

・尿道からうみが出てくる

淋菌に感染している可能性があります。

・性器(尿道)に痒みを感じる、不快感がある

クラミジアの可能性があります。

・睾丸が腫れる、痛みを感じる

クラミジア、淋菌の可能性があります。

・亀頭が痒くなる、皮膚がただれる

カンジダ症の可能性があります。

・陰毛のある部分が痒くなる、下着に黒い点状のシミがつく

ケジラミの可能性があります。

ケジラミはシラミの一種で強い痒みを伴うことが多いでしょう。

性感染症ではなく、タオルや寝具などから感染することもあります。

黒い点状のシミは、ケジラミの糞や血液が渇いた痕跡です。

・太ももの付け根部分が腫れ上がったように感じる

梅毒、性器ヘルペスなどの可能性があります。

性器ヘルペスは、最初に性器の皮膚がヒリヒリと腫れ上がっている感覚が出てきて、痒さも出てきます。

数日中には赤いブツブツや水ぶくれができ、最後はそれが潰れ、肌がただれます。

太ももの付け根に痛みが走るようになったら、性器ヘルペスの可能性が大きいでしょう。

ちなみに性器ヘルペスは、再発する可能性が高い性病ともされています。

・性器周辺に、小豆大、もしくはビラビラとした形状のイボが出てきた

尖圭コンジローマの可能性があります。

尖圭コンジローマの症状は、性器や肛門周辺にピンク色から茶色のイボができるというものです。

そのイボはおわんを伏せたような形、もしくはニワトリのトサカのような形をしていることが多いとされています。

自覚症状はほとんどありませんが、痒みや軽い痛みを感じることもあります。

・性器や肛門、太もも周辺に水泡があり、強い痛みを感じるもしくは、その水泡が潰れてただれている

性器ヘルペスの可能性があります。

ただし、性病の症状は性器の周辺に出るだけではありません。

粘膜や性器に触れた手指や口唇が腫れ上がったり、しこりやできものができたりするケースもあります。

性行為をした後に、性器以外の皮膚に違和感が出てきた場合にも、すぐに病院に行きましょう。

病院へ行くのが恥ずかしい方は、評価の高い宅配ドクターの性感染症検査キットがおすすめです。