梅毒は、昔からある性病で不治の病として知られていましたが、今では治療薬である「ペニシリン」がありますから、完治することが可能です。

梅毒の特徴といえば、時間経過によって現れる症状に変化が出てくるということただし、自覚症状がないケースも存在します。

梅毒の症状

梅毒の症状は、男女共通とされています。

まず、感染して約3週間後に軽い症状が出ます。
感染した部位の皮膚や粘膜にしこりが出てくるでしょう。性器・肛門・口などに、数センチの大きさでコリコリとした感触のしこりが見られたら、梅毒かもしれません。また、太ももの付け根部分が腫れあがり、不快感が出ることもあります。
ただし、この症状は、放っておくと数週間で消えてしまうとされています。

そして、3か月後に次の症状が出ます。
まず、顔や手足に、ピンク色のあざや赤茶色の発疹が出てきます。人によっては、脱毛するケースもあります。
ただし、こちらの症状も自然に消えてしまうことが多いとされています。

そこからさらに数年後、皮下組織に大きなしこりが出てきたり、心臓や血管などに重い障害が出ることもありますが、現代ではここまで症状が進んでしまう人はほぼいないようです。

梅毒の感染経路

梅毒は、皮膚や粘膜にできた小さな傷から、梅毒の原因とされるトレポネーマという菌が侵入してきて、血液にのって全身に広がっていって感染します。
セックスだけでなく、オーラルセックス・アナルセックスでも感染します。特に、アナルセックスで梅毒に感染する人は多いとされています。
また、口腔内に梅毒の患部がある場合には、その人とキスをしただけでも感染します。

梅毒の検査法

梅毒の検査は、男女共に共通しています。
血液検査と、しこりや発疹などの症状が出ている部位の検査を行うこととなります。
男性は泌尿器科、女性は婦人科を受診しましょう。また、性病科・皮膚科などでも受診が可能です。

梅毒は進行すると重篤な症状を起こすので、早めの梅毒検査をされることをおすすめします。

2性病検査ボタン

梅毒の治療法

病院に行き、薬を処方してもらいましょう。
経口薬を飲み続けることで完治を目指します。

梅毒の予防法

コンドームで梅毒への感染を予防することはできますが、キスでも感染することがありますから、確実に予防できる確率は低いと言えるでしょう。
とはいえ、必ず性行為の際にはコンドームを使用すること。そして不特定多数の相手との性交渉を回避することで、梅毒にかかる可能性を抑えることができます。