膣トリコモナス症は、人の目では見えないようなサイズの原虫が性器の中に入り込み、炎症を起こす性病です。

性行為でも感染しますが、トイレやお風呂などから感染することもあり、性交渉を持ったことがない女性や子供でも感染する可能性があります。

トリコモナスの症状

トリコモナスの症状は、男女差があります。

男性の場合には、「尿道からうみが出る」「排尿する際に、軽く痛みを感じる」という症状が多く出ます。

しかし、男性の場合には、症状が軽く、気が付かない人も多いそうです。

女性の場合には、「悪臭のあるおりものが増える」「性器や膣に強い痛み・痒みを感じる」という症状が出るでしょう。

おりものはあわ状で、いやな匂いがするのが特徴です。

ただし、女性も症状が感じられない人が多く、そのまま放置してしまう人もたくさんいます。

しかし、放置しておくと不妊の原因になりかねません。

トリコモナスの感染経路

病原体はトリコモナスは菌ではなく、原虫で肉眼で見ることができないほどのサイズの“虫”が性器の中に入り、膣や子宮頸管に寄生して炎症を起こします。

トリコモナスは、セックスで感染することがほとんどです。

オーラルやアナルセックスではほぼ感染しません。ただし、性行為以外で感染することもあります。

下着やタオルから、もしくはトイレや風呂で感染することもあるそうです。

トリコモナスの検査法

男性は尿道から出たうみを尿検査で、女性は膣の分泌液を調べて検査を行います。

トリコモナスを自宅で検査できるキットも販売されています。

2性病検査ボタン

トリコモナスの治療法

トリコモナスでは、薬を服用して治療します。

女性は、膣に直接挿入して使用する膣錠を使用することもあります。

トリコモナスの予防法

セックスで感染する病気ですから、コンドームを使用すれば予防できます。

男性の場合には、尿道感染の場合に限り、排尿で原虫が洗い流されることがあるようです。

しかし、前立腺や精嚢に寄生している可能性を考えたら、排尿だけでは正しい対策ができているとは言えません。

性行為をする時には、必ずコンドームを使うべきでしょう。